姫路で働いてオトす【姫オトし求人】 > 映画の情報 > ドラマ > ドラマで人気ある映画-「杉原千畝 スギハラチウネ」


この映画について

見どころ

この作品の監督を務めるチェリン・グラックは、和歌山県出身のアメリカ人。日米合作の作品に携わることが多いためか、日本人にはない主観で、映画作りが行われたのではないかと感じる。感動ばかりの作品に走らず、時代背景をしっかりと捉えた作品になっている所こそが、「杉原千畝 スギハラチウネ」たる映画の最大の魅力となっているのだから。

ちょっとネタバレ

1934年、優れた語学力と独自に張り巡らせた諜報網により、ソ連の北満鉄道の経営権譲渡交渉を成功させた杉原千畝。5年後、赴任したリトアニアの日本領事館で、出国のビザを求めるユダヤ難民たちと対峙することとなるのだ。人として助けたい。しかし、自分の立場が、それを許さない。悩みながらも、彼は人としての道を突き進むことを選ぶのだ。もしかすると、自分自身の身に危険が及ぶかもしれなくても……。姫オトし求人イチオシの作品と言っても過言でない。今度は仕事を離れ、家族で観に行きたいと思う。

出演している唐沢寿明について

杉原千畝を演じる唐沢寿明。その風貌が、まさに適役と言えよう。悩み苦しむ表情、そして決断したあとの行動力と清々しささえ感じさせる表情。どれをとっても、彼だからこその作品と言えるだろう。

出演している小雪について

小雪は、千畝の妻・幸子を演じる。ただ夫を支えるだけの妻ではなく、しっかりと、夫に自分の考えを述べることのできる妻を描く。

姫路で働いてオトす【姫オトし求人】