姫路で働いてオトす【姫オトし求人】 > 映画の情報 > アクション > アクションで人気ある映画-「カリフォルニア・ダウン」


この映画について

見どころ

過去に震災に被害に遭われた人は「経験してみないと分からなかった。今まで、他の地域で起こったことをテレビで見る側だったのに。」と口を揃える。だからこそ、このような映画を観ることで疑似体験をすることは、決して不謹慎ではないのだと姫オトし求人は感じるのだ。ぜひ3Dで観賞する事をお勧めするが、2Dでも災害の恐ろしさを感じ取るには十分すぎる作品だろう。そして観終わった後に、自宅の防災準備を気にかけることが出来たなら、この作品の意義は十二分にあった……ということなのだ。

ちょっとネタバレ

カリフォルニア州を縦断する、サンアンドレアス断層。この大断層が引き起こす巨大地震と大津波がテーマとなったパニックアクション。東日本大震災を入念に調べ尽くして仕上げたと言うから、その迫力はすさまじい。日本でこの手の映画を製作しようとしたら、きっと「待った」がかかってしまうだろう。それほどまでに、忠実に描かれているのだ。

出演しているドウェイン・ジョンソンについて

本作の主演、ドウェイン・ジョンソンは、腕利きのレスキュー隊員、レイを演じる。これほどの状況の中でも、彼は強く、動じない。この姿こそが、アメリカの求める理想の父親像なのだろう。

出演しているカーラ・グギーノについて

カーラ・グギーノは、レイの妻・エマを演じている。彼女も、何とも強い。肝っ玉母さんとはこのこと。

姫路で働いてオトす【姫オトし求人】