姫路で働いてオトす【姫オトし求人】 > 映画の情報 > サスペンス > サスペンスで人気ある映画-「ピエロがお前を嘲笑う」


この映画について

見どころ

何とも今風な作品だ。この映画のキーワードが「ハッキング」。ネット上で繰り広げられる駆け引きに情報搾取、さらにそこからの殺人事件。何もかもが、ネット上にあるというのだ。

ちょっとネタバレ

「ピエロがお前を嘲笑う」は、心理的なサスペンス要素を含む映画となっている。直接的な恐怖ではない。しかし、自分の身の回りにも溢れているであろう恐怖。この事実を知った今、自分はどうネットに向き合っていけばいいのか……という恐怖。それを、実に上手く表現しているのだ。インターネットを駆使すれば、ハッカーやクラッカーは、どんなことでもやってのけてしまうのだ。セキュリティやパスワードをかいくぐる術なんて、いくらでもあるのだから。こんな世の中で、どう暮らしていけばいいのか?姫オトし求人は、観終わった後、恐怖に震えてしまったのだ。

登場人物「ベンヤミン」について

ハッカー集団「CLAY」の天才ハッカー、ベンヤミン(トム・シリング)。そのベンヤミンが警察に出頭してきたシーンで、物語はスタート。そして、今までにハッカー集団と共に起こしてきた悪行の全てを告白するのだ。そしてついには、自分が狙われてしまうことになったのだと……。

出演しているエリアス・ムバレクについて

エリアス・ムバレクは、ベンヤミンと共に「CLAY」を結成した野心家、マックスを描く。ともすれば、PC画面に向き合うだけの映画になってしまう所を、なんとも躍動的に感じさせているのは、彼の手腕もあるだろう。

姫路で働いてオトす【姫オトし求人】