姫路で働いてオトす【姫オトし求人】 > 映画の情報 > コメディ > コメディで人気ある映画-「テッド2」


この映画について

見どころ

子どもが欲しいと思うテッド。どうにか問題を解決すべく、親友と共に弁護士のもとを訪ねる。しかし、自分は人間ではない(当たり前だ(笑))。自分自身を根底から否定されたテッドは、この苦境を、どう乗り越えていくのだろうか。

ちょっとネタバレ

今回も、前回と同様にハチャメチャだ。下ネタ満載だし、ドラッグもどんどん出てくる。アメリカ人にしか分からないような、ジモティジョークも飛び出すし、本来なら、なかなかついていけない映画……となるはずなのだが、テッドのすごい所は、しっかり、コメディ映画として地位を確立しているところにある。それも全て、このキャラクターの個性によるものではないだろうか。かわいすぎない。おっさんすぎない。どんな役回りも、イヤミにならずにこなしてしまえる風貌。姫オトし求人は、そう分析している。

登場人物「ジョン」について

テッドの親友であるジョン(マーク・ウォールバーグ)。この作品において彼は、なんとも頼りない男を演じている。敢えて例えるなら「のび太」がそのまま大人になったバージョン……といった所だろうか。何も出来ないのに、なぜか憎めない。そんな男である。

登場人物「サマンサ」について

テッドとジョンが相談に訪れる女性弁護士・サマンサ(アマンダ・セイフライド)。言わずもがな、テッド好みだ。

姫路で働いてオトす【姫オトし求人】