姫路で働いてオトす【姫オトし求人】 > 映画の情報 > ドラマ > ドラマで人気ある映画-「セッション」


この映画について

見どころ

2014年(日本では2015年)に公開されたこの映画は、世界各国の映画祭でも注目を集め、米アカデミー賞で3部門(助演男優賞、編集賞、録音賞)を受賞した名作。

それにしてもこの作品は、とても不思議な体を成している。まず、その内容があまりにも狂気に満ちている。これだけでも十分に衝撃なのだが、結末には更なる衝撃的な展開が。宣伝コピーにある「ラスト10分間の衝撃」とは、なるほど、的を射ている言葉だ。

ちょっとネタバレ

主人公は、世界的なジャズドラマーを目指し、名門音楽学校に進学したアンドリュー・ニーマン。ある日、その学校のカリスマ教師であるテレンス・フレッチャーのバンドに参加する事に。ここまでは、とても素晴らしいお話し。しかし、ここからが問題だったのだ。なんとその教授、何ともサディスティックな方で……。はたして主人公は、そのスパルタについていけるのだろうか?

登場人物「ニーマン」について

19歳のジャズドラマー・ニーマン(マイルズ・テラー)。異様な教師に食らいつく、そんな若さがなんとも素晴らしい。「おかしい」と思わずに、信じてしまえるところが、若さゆえ……なのか。

登場人物「フレッチャー」について

狂気の指揮者・フレッチャー(J・K・シモンズ)。彼の形相は、まるで鬼。こんなにもきつい指導が、今まであっただろうか?人は、そこまでしないと、高みへは登っていけないのだろうか……?

姫路で働いてオトす【姫オトし求人】