姫路で働いてオトす【姫オトし求人】 > 映画の情報 > ドラマ > ドラマで人気ある映画-「グッド・ライ~いちばん優しい嘘~」


この映画について

見どころ

今だからこそ、観て欲しい映画。いや、観るべき映画だと、言えるだろう。世の中には、難民を受け入れ、移住させる活動がある。日本でも、受け入れがあるのだが、数年でわずか80人程度。これでは、誰もが知る事実……というほどではないのは仕方がない。そんな中、アメリカはかつて、3600人もの難民を受け入れたことがあるのだ。その事実を元に描かれているのが、「グッド・ライ~いちばん優しい嘘~」なのだ。

ちょっとネタバレ

内容はすごく自然で、「描いている」風では決してない。しかし、だからこそ、人の心を揺さぶるのかもしれない。

物語は、スーダン内戦により家族も故郷も全て失い、難民キャンプで生活していた「ロストボーイズ」の3人組と、難民受け入れによる定住先・カンザスシティの職業紹介所職員・キャリーを中心に繰り広げられる。生活様式も文化も、何もかもが全く違う土地での3人の新生活。四苦八苦しながらも懸命に生きる彼らを見守るうちに、キャリーの心情にも変化が現れる。

出演しているアーノルド・オーチェンについて

アーノルド・オーチェンは、難民のマメール役を演じている。彼は、実は本作品に登場する登場人物同様、幼い頃に戦地から逃れてきた経験がある。

出演しているリース・ウィザースプーンについて

リース・ウィザースプーンは、主人公を助ける、職業紹介所の職員を演じている。

姫路で働いてオトす【姫オトし求人】