姫路で働いてオトす【姫オトし求人】 > 映画の情報 > ドラマ > ドラマで人気ある映画-「6才のボクが、大人になるまで。」


この映画について

見どころ

フィクションではあるのだが、これはもう、ドキュメンタリーとも言えるだろう。なんと、撮影期間が何と12年。6歳の主人公が、18歳の青年になるまで、それほどまでにリアリティーを追求した作品なのだから。

ちょっとネタバレ

「6才のボクが、大人になるまで。」は、ただ淡々と時の流れを映し出している。ただ注目して欲しいのは、その時の彼が何歳なのか、そんな表示は一切ないのだと言うこと。気がつけば、みんなが年をとっている。そう気付かされるだろう。でもこれには、あるメッセージが隠されている。人は、日常を過ごす中で、いろいろなことを忘れていってしまっているのだ、ということ。例えば、「1年前の誕生日、何を話した?」と聞かれても、答えることは難しいだろう。そればかりか、ほんの数日前のことですら、記憶していないものなのだ。そんなあやふやな生活を、きっと見直したくなる。そんなところに、姫オトし求人は大きく惹かれたのだ。

出演しているエラー・コルトレーンについて

エラー・コルトレーンが主人公・メイソンを演じる。可愛らしい彼が、どんどん大人になり、最後にはヒゲまで生えている。成長の素晴らしさを感じさせてくれる。

出演しているパトリシア・アークエットについて

パトリシア・アークエットはメイソンの母親役。次第にふくよかになり、年老いていく。成長ではない変化もあるのだと知るだろう。

姫路で働いてオトす【姫オトし求人】