姫路で働いてオトす【姫オトし求人】 > 映画の情報 > サスペンス > スリラーで人気ある映画-「トム・アット・ザ・ファーム」


この映画について

見どころ

凶暴性を、ここまで緻密に素晴らしく描き上げられる監督が、何とも言えず、大好きだ。カメラワークに異様さがにじむ。あらゆる展開をさらっと裏切る。芯が強く、それでいて分かりやすい。でも、見返すだけ、また新しい発見が得られる。その、なんとも奇妙な完成度の高さが、小気味いいスリラー映画。姫オトし求人、今年イチオシの作品だ。

ちょっとネタバレ

映画は、恋人の死で始まる。葬儀に参列するため、主人公は、彼女の実家を訪れる。しかし、彼女の母に、自分の存在が知らされておらず、呆然とする主人公。しかも、唯一、二人の事を知っている様子の恋人の兄に、恐ろしい形相で口止めをされるのだ。

この作品の大きな特徴といえる、主人公・トムの心理描写。軟禁状態から逃れようとしても、なぜか自ら舞い戻ってしまう……。そして次第に精神が壊れていく……。その描写はまさに秀逸。一般的な「ホラー」とは一線を画す、あるいは「ホラー」を超えた恐怖の形が「サイコ・サスペンス」なのかもしれない。

出演しているグザヴィエ・ドランについて

途方に暮れる主人公を、グザヴィエ・ドランが演じる。訳の分からない展開に巻き込まれ、なぜ、今、自分はここにいるのか、こんな思いをさせられているのか、次第に分からなくなってくる怖さを丁寧に描いている。

姫路で働いてオトす【姫オトし求人】