姫路で働いてオトす【姫オトし求人】 > 映画の情報 > SF > SFで人気ある映画-「猿の惑星:新世紀(ライジング)」


この映画について

見どころ

オリジナルの「猿の惑星」を見たことのある方なら、きっと覚えているだろう。猿に支配された星にたどり着いた人間が、「絶対に地球に戻ってやる。」と心に誓い、その日を夢見て過ごしている中で、海に沈んだ自由の女神を見つけた、その絶望感を……。「猿の惑星:新世紀(ライジング)」は、それから10年後の世界を描いている。そこに横たわるのは、現実社会でもみられる、戦争発生の原理なのだ。

ちょっとネタバレ

主人公たちは、あくまでも冷静だ。本当ならば、休戦し、共存していけるはずだった存在なのだ。しかし、そう簡単に物ごとは進んではくれない。ボタンは、簡単に掛け違えられてしまうのだ。そこがどうにも悲しいSF映画作品となっている。

登場人物「マルコム」について

圧倒的カリスマ性を誇る人物として描かれているマルコム(ジェイソン・クラーク)は、現実社会でも同様で、姫オトし求人スタッフの中でも、かなり高い人気を誇る存在だ。

出演しているアンディ・サーキスについて

エイプのリーダーであるシーザー役を演じた、アンディ・サーキスの悲しみの表情がなんとも素晴らしい。この映画作品に、息を吹き込んでいるのが彼だ……と言っても、決して過言ではないだろう。彼の表現するものは、憎しみや恐怖感の原点であり、相互理解を邪魔する物でもあるのだ。

姫路で働いてオトす【姫オトし求人】