姫路で働いてオトす【姫オトし求人】 > 映画の情報 > コメディ > コメディで人気ある映画-「舞妓はレディ」

Pocket

この映画について

見どころ

なんとこちら、コメディ映画でありながら、ミュージカル仕立て。なんとも小気味よく、面白い作品に仕上がっているのが魅力的。京都の街に繰り広げられる、舞妓ミュージカル。歌も踊りも可愛く、幸福感が漂い、何とも素敵だ。

ちょっとネタバレ

「舞妓はレディ」というこのタイトル、「マイ・フェア・レディ」にちなんで名づけられたのだとか。そんな面白さを紡ぎつつも、時おり魅せるシリアスさが、何とも秀逸。音楽はあえて控えめに。そして映像はとことん日本を追求して美しく。観終わったあと、誰もが、「あ~、日本人で良かった。」なんて思える作品となっているはずだ。こちらは、まさに、目にも心にも優しい作品なのだから。

登場人物「京野法嗣」について

姫オトし求人が心を傾けたのは、上白石萌音が主役を演じる西郷春子を、優しく、そして厳しく指導する、京野法嗣(長谷川博己)の存在。なまりになまった春子を、どのようにして京言葉へと矯正していくのか。それが見物。

出演している上白石萌音について

上白石萌音は、演技派かと問われると、そうではないだろう。しかし、だからこそ内側からにじみ出る「素朴さ」があるのだ。作り過ぎの言葉もなければ、表情も無い。映画の中で育ち、巣立って行くような感覚こそがたまらない。まだ作られていないリアルな女の子像こそが、彼女の最大の魅力なのだから。

姫路で働いてオトす【姫オトし求人】