姫路で働いてオトす【姫オトし求人】 > 映画の情報 > SF > SFで人気ある映画-「トランスフォーマー/ロストエイジ」


この映画について

見どころ

「トランスフォーマー/ロストエイジ」の見どころは、何と言っても、そのトランスフォームシーンだろう。今回は、その部分が緩やかに始まる。というのも、オーボット戦士たちが、人間から隠れながら暮らしているのだ。そんな窮地を救うのが、主人公と、その娘。最終、素晴らしいトランスフォームと、その戦いを見せてくれるのだ。

ちょっとネタバレ

本作は実写版シリーズ4作目。今回は、前作「ダークサイド・ムーン」から5年後の設定。序盤はテキサスだが、後半には中国各地(北京、広州…)へ舞台がシフトする。アメリカ人の方が悪役で描かれているので、ハリウッドの自虐ネタ……とでも言うべき作品なのだろう。オーボットやオプティマスを通じて伝えようとしているのは、魅力的なリーダー像であり、それを求めているアメリカ人である……ということなのではないだろうか。

出演しているマーク・ウォールバーグについて

マーク・ウォールバーグは、廃品業を営む主人を演じている。突然に、そして偶然に、オーボットと出会ってしまったその時の感情とは、どのようなものであったのだろう。そこに思いを馳せるのも、面白い見方だ。

出演しているニコラ・ペルツについて

ニコラ・ペルツは、主演マーク・ウォールバーグの娘役を演じている。オーボットを優しく見守る、癒しの存在でもある。

姫路で働いてオトす【姫オトし求人】