姫路で働いてオトす【姫オトし求人】 > イベント情報 > > 姫路城献茶式についてご紹介

Pocket

イベントについて

毎年6月1日に行われているこの行事は、姫路城の守護神である長壁大神に献茶して、向こう1年間の姫路城の安全祈願をするという大事なイベントです。もともとは昭和の姫路城大修理がこの日に完了したことを記念して、昭和44年に表千家の協力によって始まったものです。以来毎年、表千家の宗匠が2種類のお茶を点てて神前に奉納し、城の安全の祈願をしているんです。お茶を通して感謝して、お茶を通して祈願する。こういうのって、日本ならではのイベントだと思いませんか!

このイベントの注意事項

参加するには招待券が必要です(一般の方向けに当日券も発売されるようです)。もちろん、姫路城の入城料金(おとな1,000円、小学生~高校生300円)が別途必要です。

参加したことがある人の声

毎年恒例のイベントです。(有田詩織さん、年齢40代)

献茶式はとても緊張するのですが、私に欠かせないイベントのひとつです。お茶を習い、たしなむ人にとって、献茶式への参加は夢のようなものなので!しかしそれと同時に、これも毎年思うことなのですが、開催場所である天守閣まで上がるのが本当にハードです……。結構長い距離を歩く上に暑さも手伝って、お茶席を回り終える頃にはヘトヘトです……。

先生とバッタリ……!(稲船多絵さん、年齢40代)

毎年献茶式の後に行われるお茶席目当てに参加しています(笑)お茶席は3席あるのですが、最後の1席を何と私の先生が担当されていたんです。正直ビックリして、いつも以上に緊張もしましたが、楽しくお茶をいただくことができました。

姫路で働いてオトす【姫オトし求人】