姫路で働いてオトす【姫オトし求人】 > 映画の情報 > ミュージカル > ミュージカルで人気ある映画-シェルブールの雨傘

Pocket

この映画について

1964年に公開されたフランス映画で、大胆にも映画全編をミュージカルに仕上げて評判となった作品です。世界中で大ヒットしたこの作品の主題曲はあまりにも有名ですよね。

見どころ

舞台はアルジェリア戦争真っただ中の1950年代後半、フランス北西部の港町・シェルブール。両想いだった傘屋の娘・ジュヌヴィエーヴと自動車修理工の少年・ギィが、一枚の召集令状によって強制的に関係を引き裂かれてしまうというストーリーを描いた本作品。この作品が素晴らしいのは、セリフすべてを歌で表現していること。それにより、観る者の心が強く揺さぶられる感動ドラマに仕上がっています。

ちょっとネタバレ

本作品は3部のストーリーで構成され、それぞれ「旅立ち」「不在」「帰還」と表題が付けられています。序章の「旅立ち」では主人公となる二人の人間関係と二人が離れ離れになってしまう過程を、続く「不在」ではヒロインであるジュヌヴィエーヴの孤独を、そして終章「帰還」では負傷により除隊したギィを待ち受けていた運命と二人のその後をそれぞれ描いています。

出演しているニーノ・カステルヌオーヴォについて

悲恋の男性を静かにカッコよく演じあげ、何とも魅力的!

出演しているカトリーヌ・ドヌーヴについて

ヒロインは、フランスの大女優カトリーヌ・ドヌーヴ。ポップな楽曲と、それに合わせて歌い踊るドヌーヴがなんとも魅力的で、悲恋でありながらも哀しみを少し和らげてくれます。

姫路で働いてオトす【姫オトし求人】